Route in Asia (旧:カンボジア不動産ライフ)

2015/08/16~ カンボジアプノンペンへ センチュリー21富士リアルティカンボジア 2016/11~ タイバンコクへメイン拠点変更 センチュリー21富士リアルティタイランド 不動産日記・不動産情報・カンボジア及びバンコクの情報等 記録していきます。

コンドミニアム

こんなところに?!タイ人富裕層に人気エリア

おはようございます。

早くも8月に突入しましたね。もう今年も後5か月!そして最後の平成の年。
まさかの初の世代の変わり目はタイで迎えることになりそうですね('_')

ちょうど一昨年前のこの時期はバンコクオフィスの立ち上げでカンボジアと行ったり来たりしていた時期でもありました。
なんだか当時のいろいろが蘇って来ると同時にすごい焦りを感じる今日この頃です。

というのは人生の基盤をきちんと考えないといけない世代になりました。。。
日本大好きな私には自国ではない海外で生活をしているとなおさらです。
私の世代でこのようなことをいうと「まだまだこれからでしょ。」と言われることがほとんどですが
そんなとんでもないです。それは年齢だけで遅いも早いもないです。
仕事の役職においても年齢に遅いも早いも関係ないと思います。もちろん経験に越したことはないのですが。


前置きが長くなりましたが
S__28672072

S__28672082

日本の路地にでも入ってきたのかと思いました。ここバンコクです!

私が行ったときはお客さんはすべてタイ人、それも翌日は平日の前夜22時前。席はほぼほぼ満席でした。
(店内写真撮り忘れましたw)

バンコク在住の日本人はあまり立ち寄る場所ではないと思いますが
当エリアはタイ国内企業本社や国内銀行本店が所在するBTSアーリー界隈です。
このエリアはコンドミニアムも多く家賃はスクンビットの一部エリアと大した差はない価格。
特にタイ人富裕層にも人気絶大の住宅地です。エリアを散策すると広い敷地面積の戸建てがとても多いです。

BTS線でも特に北のエリアですが、タイ人に人気エリアだけあり日系飲食店もそこそこありお洒落なレストランやカフェが多いのも特徴です。
今回行った居酒屋は別ですが、飲食の値段もバンコクの日本人在住エリアとさほど価格差はない記憶です。さすがはタイ人富裕層を相手にしているだけあるのでしょう。

S__28672075

S__28672076

S__28672077

S__28672074

S__28672078

S__28672079

S__28672081

店舗所在地↓


弊社では日本人はもちろんタイ人や外国人の顧客層も多く、このエリアも案内するときももちろんあります。
不動産となるとエンドユーザーはやはり現地人がほとんどですから、現地の上流層が多いエリア現地人の評価が高いエリアでの不動産投資は視野に入れる必要があるのでは。これらの相場は知る必要性は十分あると思います。
私も勉強します。

タイ不動産に関するお問合せはこちらからどうぞ


LINE ID : fj.sado
E-Mail : sadoyama@fuji-realty.asia


 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
タイ不動産情報はコチラ
カンボジア不動産情報はコチラ

初センチュリー21タイのイベント参加

おはようございます。

8290901010276

昨日はセンチュリー21タイランドのイベントがSOソフィテルホテルで開催されました!
タイでのセンチュリーイベントは初参加でしたが、日本のイベントのようにおなじみのゴールデンジャケットは皆無でしたね。
今回はセンチュリー21のReブランディングのソフトローンチも兼ねてのイベントです。

弊社タイ側のホームページではすでにロゴを変更しております。
日本とカンボジアではまだですが、早くもタイではオンラインから変更を開始しております。
新しいロゴはこれまで馴染みのセンチュリーロゴのハウスマークは取っ払って
更にシンプルでかつピングゴールドベースで高級感を醸し出されておりますね。

8290901270467

8290901244058

弊社のツートップのお二人も表彰されておりました!
きちんと数字に反映できる様にこれからも切磋琢磨しながら頑張ってほしいものです。

8290901055734

私ももっと頑張らなければ。。。

お問合せはこちらからどうぞ


LINE ID : fj.sado
E-Mail : sadoyama@fuji-realty.asia


 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
タイ不動産情報はコチラ
カンボジア不動産情報はコチラ

バンコク市内のビアガーデンスポット「W-DISTRICT」に行って来ました〜

おはようございます。

最近の早朝のバンコクは涼しいので気持ちいい朝が迎えられますね。

先日はスタッフたちが遅くまで残業してくれていたので
久し振りにプラカノンのビアガーデンに誘って行って来ました。
1人でビアガーデンなんて悲しいですからね(T ^ T)

S__28106754
W DISTRICT

プラカノン駅を降りてすぐの高層コンドミニアムの一画にあります。

S__28106755

S__28106757

S__28106758

去年にも増してテナントが増え人も増えてますね。外国人が圧倒的に多いイメージでした。

S__28106759

S__28106760

ここまでお客さんを確保できるビアガーデンは中心部だとここくらいでしょうか?
それも駅近の立地ですからなおさらですよね。そこまで安いかというとそうではないのですが笑

S__28106762

S__28106763

S__28106764

タイだとこのようなビアガーデンがあるとだいたい生ライブがあるイメージがありますが
さすがにレジデンスビルの間にあるのでうるさくできないのでしょうね。
ビアガーデンからサイドを見上げると高層コンドミニアムですから、これまた不思議な感覚です。

ここ数年で更に需要が増してきたプラカノン界隈ですが、中心部アソーク〜エカマイに比べると
比較的賃料が安く販売単価も2〜3割程度安いのがこのエリアです。
駅徒歩圏には新しく商業施設ができ、コンドミニアム、日本食レストランも増えてきました。
数年前まではローカルエリアのイメージがあった街が、今となっては異国情緒の雰囲気満載です。

賃料も比較的安く利便性が更に良くなってきたプラカノン。特に単身者には人気ですよ。



昨晩の試合最高でした!!フランスきましたね🇫🇷
それにクリロナ移籍にトーレス移籍。
トーレス移籍に関しましてはクラブチーム関係者が知合いなので特に楽しみですね!

お問合せはこちらからどうぞ


LINE ID : fj.sado
E-Mail : sadoyama@fuji-realty.asia


 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
タイ不動産情報はコチラ
カンボジア不動産情報はコチラ

リバーサイドプロジェクト視察パーティー

おはようございます。

先週末はとあるプロジェクトの担当者に招待をいただき足を運んできました。
プロジェクト自体はまだ完成してないのですが、プチお披露目会の様な感じです。

S__28155919

35階部前後のプライベートレジデンスの1フロアをまるまるパーティー会場に仕立てておりましたが
お部屋からチャオプラヤー川を一望できるとは格が高くやはりワクワクしますね。
この階でも当プロジェクトは全体の半分にも満てません。最上階だととんでもない景色が待ち望んでいることでしょうね。

S__28155921

S__28155922

S__28155920

パーティー会場といえどまだ仕切りがないレジデンスフロアでしたので、360度に参加者がバラついておりました。

チャオプラヤー川の色が沖縄の海並みにクリアであればもっと見る価値ありそうですけどね笑
でも夜景はとても素晴らしかったです。

なかなか繫がることができなかった業者との繋がりもできたので◎

本日も気合い入れていきまっす♪

お問合せはこちらからどうぞ


LINE ID : fj.sado
E-Mail : sadoyama@fuji-realty.asia


 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
タイ不動産情報はコチラ
カンボジア不動産情報はコチラ

最近の動向とこっそり新プロジェクトの紹介

おはようございます。久しぶりの投稿ですね(^ ^)

「継続は力なり」と。

1日でもペースがずれると元に戻すのは大変です。
3日坊主ではなくせめて3ヶ月とことんやることから始めていきます。

S__28074010

先週日曜日にリリースされましたプロジェクト現場の視察をしてきました。

先日15階部の販売ユニットをいただきましたが、リリース開始数日でほぼ完売。(現時点では15階部は2ベッドルーム1室のみ販売可能)

最近では、どのディベロッパーさんも中華圏へフロア丸ごともっていく傾向が強く、当プロジェクトも購入者のほとんどは中華圏のバイヤーです。
勢いがいい時は、2日間で3桁ものユニットを中国現地で完売。
新しいプロジェクトがリリースされても、現場を見ている間には販売ユニットがなくなっているケースです。
それも手付金もアリペイでその場で瞬時に支払いをされるそうで、我々日本人からすると考え難いというのがほとんどじゃないでしょうか。
タイ現地相場では高いと思うプロジェクトでも、中華圏のバイヤーからみれば圧倒的に安く所有権となおさらそれだけでも買いと判断するのでしょう。

そこで、少し気になったのでタイ不動産の国籍別バイヤーを調べてみました。


2017年度 タイ不動産購入者の国籍別グラフ
Overseas
(Thailand Propertyより)

中国人バイヤーはやはりダントツ1位の28%、日本人バイヤーは6位の5%
2位は香港の14%、4位はシンガポールの8%、台湾人は7位4%。ほとんどは中華系が占めています。

また、年間約900万人もの観光客が訪れるタイのリゾート地パタヤでの購入が中国人バイヤーの中では圧倒的に人気だそうです。中国人の地域別購入に関しては、バンコクは驚きの2番目でした。
私もよく休みの日はパタヤに行きますが、どこに行っても中国人のツアー団体が目立ち、右も左も大型観光バスだらけです。

国際資本移動に制限がかかっても中国人バイヤー需要は変わらずとなれば、ディベロッパーも力を入れずにいられないわけです。それも中国人バイヤーの半数以上のエンドは実需ですから、買って放っておいてもいいわけです。
国籍によって最終目的が異なるのはもちろんですが、とても関心します。

ずらずらと書いていると一気に話が違う方向に行きましたが。。。


弊社では売買仲介だけではなく賃貸仲介も行っておりますが、最近の弊社の賃貸顧客の動向は日本人以外の外国人(タイ人含む)の比率が増してきました。
その中でも半数は来店(Walk In)、残りは現地サイトからの反響といったところでしょうか。
カンボジアでも頻繁にありましたがタイも同じで、ひやかし来店も少なくないです。
入りやすいビジネス立地の路面に店舗を構えておりますので、無料案内所の様に気軽に入ってきます。
お客様はお客様なのでいずれも大変ありがたいのですが、すべてに同様に対応致すのは難があるので、ある程度の顧客選別もきちんとしております。

弊社は、タイ人スタッフもメインプレーヤーとなり社員独自が様々な国籍の顧客を抱えておりますので、バンコク都内でもスクンビット界隈だけではなく広範囲のエリアを対象としております。
賃貸客付けにしても外国人居住区域であれば、弊社の賃貸希望者へのご紹介も可能となります。
完全のドローカルエリアで価格が抑えられているが故、自身で直接ディベロッパーから購入され客付けと転売を依頼される方もいらっしゃいますが、都内の仲介業者ではなかなか手が届く範囲でない依頼も最近は増えてきました。
極力は承りローカル市場へ投げますが、なかなか引きがあるものではないです。

駆けつけで購入されることで仲介手数料分は抑えられるのはいいのですが、出口に行きつけないまま苦戦し続けるケースも良く見かけます。結果手数料を支払ってでも仲介業者に依頼することでリスクヘッジとなります。

弊社では賃貸データ分析から投資用物件のご紹介をいたしておりますので、ご予算に応じて幅広くご提案ができます。隣国との比較でもタイ不動産を視野にいれているのであれば、まずはお気軽にご相談ください。もちろん賃貸のご依頼もお待ちしております。

本記事のメインは新プロジェクトの紹介をするつもりでしたが、まとまりがないブログになってしまいました笑

S__28074009

S__28074011
ただいまショールーム作成に取り掛かっておりました。

気になる新プロジェクト紹介ページ
7階部と26階部の一部販売ユニットをいただきましたので、ご興味ある方はお問合せください。

P.S.
先月から従業員も増え、路面店舗だけではスタッフが入りきらなくなりましたので
斜め向かいのジャスミンビルへセカンドオフィスを設けました。
センチュリー21タイ本部からは何も生まれないオフィスに賃料払うなら、他エリアで2号店でもだしたらどうか?と言われましたが。来年にはそれができるように頑張ります。
さすがは本場アメリカ人ですねw
掛けるべきところには掛けろという発想でしょうか!でもすごい分かります。
とりあえずこちらは契約満期までは動けないです。

路面店とセカンドオフィスを行ったり来たりしておりますので、見かけない場合は気軽に電話ください。すぐに駆け付けます!(^^)!

お問合せはこちらからどうぞ


LINE ID : fj.sado
E-Mail : sadoyama@fuji-realty.asia


 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
タイ不動産情報はコチラ
カンボジア不動産情報はコチラ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ