Route in Asia (旧:カンボジア不動産ライフ)

2015/08/16~ カンボジアプノンペンへ センチュリー21富士リアルティカンボジア 2015/11~ タイバンコクへメイン拠点変更 センチュリー21富士リアルティタイランド 不動産日記・不動産情報・カンボジア及びバンコクの情報等 記録していきます。

カンボジア開発エリアの初プロジェクトが完成してました!!

久しぶりのブログ更新です。

弊社新富士リアルティタイランドは9月で2周年を迎え、おかげさまで10月はバタバタとさせていただきました。
ブログの更新をしていない事に気づいたら、あっという間に1ヶ月経っていた。という事です。

本題に戻りますが

先月末はお客様がカンボジアで物件の買付けをすることになりそれに合わせてカンボジアへ行ってきました。
1ヶ月ぶりのプノンペンインとはいえども、街の景観はこの1ヶ月たらずでもガラリと変わっているものです。
しかも今回はタイの前国王の葬儀で祝日が被り、しばらくのプノンペン滞在でしたのでプノンペンの街中を探索してきました。

先ず初めに足を運びたかった場所はここ「ダイアモンドアイランド(Koh Pich)」です。



ここはもちろんプノンペンであり、新興開発地域ともあり、ここ1、2年で大型プロジェクト開発が次々とローンチされ、今ではダイアモンドアイランド島全域が建築中のコンドミニアムだらけになっております。

その中でも、このダイアモンドアイランドの中の初竣工プロジェクトがこちらの「Casa Meridian」です。

IMG_0304

IMG_0303

IMG_0301

カンボジアとは思わせないほどのインパクトで、現在カンボジアの中でも高級物件に位置付けられます。

また、タイの新規物件とは大きく異なり、1ベッドのサイズでも余裕の76平米です。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

2ベッドでも106平米。
66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3732

現在ダイヤモンドアイランド内には、インターナショナルスクールやゴルフレンジ、飲食店などもありますが、平日は閑散としたエリアです。

ですが、一見平日夕方や休日になれば、川沿いや子供用遊園地、屋台での飲食を求めカンボジア人の若者や家族づれが集まり、平日日中の閑散とした街並みががらっと変わります。

また時には、海外アーティストのライブ会場ともなり、ハイクラスの結婚式会場や大型イベント会場など様々なイベントも行われております。

まだこれと行ったランドマークはないのですが、建設中の大型プロジェクトがある程度完成し、賑やかな一つの街になるまであとどのくらいかかるのでしょうかね。

ちなみに、弊社ではCasa Meridianの賃貸募集中のお部屋もございますので、内見ご希望の方はお気軽のご連絡ください。


こちらも同じくダイアモンドアイランドに建設中の複合型コンドミニアムです。
IMG_0300

IMG_0298

IMG_0297

一時期はどうなることやらと騒がれていたD.Iリビエラも順調に工事が進んでおり形になっておりました。
この裏手にできるシンガポールのマリーナベイサンズ風の部分も着々と進んでおりました。
完成すれば、ダイアモンドアイランドのシンボルになるのは間違いないでしょうね。完成が楽しみです。

本日はこのぐらいで。
今日からカンボジアは水祭り連休に入りました〜


 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
タイ不動産情報はコチラ
カンボジア不動産情報はコチラ

ドン・キホーテバンコク出店?近隣の売買物件情報

こんにちは。佐渡山です。

日本だと嗜好品であったりととりあえずここにいけば何かあるぞと言わんばかりの
お宝探し感覚で行けるドン・キホーテの東南アジアは1号店のシンガポールに続き
バンコクでもエカマイモールに出店計画がなされているようですね。

「驚安の殿堂 ドン・キホーテ」がバンコク・エカマイモールに出店!?

IMG_0257
トンローからエカマイまでつながるエカマイソイ5

IMG_0255

IMG_0254
トンローからエカマイ間を行き来できるソイですので交通量は多いです

610f88eb
(リンク元:Charcoal Design エカマイモールイメージ)



タイ人も気になるドン・キホーテは、現在バンコクと沖縄那覇間の直行便もあることから
気軽に安く行けるリゾート地へと確立しつつあり、国際通りにあるドン・キホーテには
タイ人スタッフの採用やタイ人旅行者を迎え入れるなどと、積極的に国際化推進を図っているようです。

話はそれましたが
沖縄のドン・キホーテでタイ人を採用するほどタイ人への需要があるのだということが分かります。
そもそもタイ人が日本へ行く一番の理由はグルメとメイドイン日本の買い物をすることだそうです。
同じタイで購入するより圧倒的に安いそうで、沖縄へ来訪されるタイ人ツアーの平均予算は30万円(約10万バーツ)だとか。

日本商品の需要が多いタイでのドン・キホーテ出店は、盛り上がりそうですね。

ちなんで近隣における新規プリセール物件のご紹介も致します。

WELCOME-AREA

taka HAUS by Sansiri(東急グループ共同開発)

販売開始から約1週間となりますが、初日で全269戸中、3分2のユニット販売済み。
昨日時点では外国人枠は残り16戸とのことです。

本プロジェクトエリアは閑静な住宅街で、通りのエカマイソイ12はカフェ通りとしても有名なエリアです。
私もたまにパソコンをお共に立ち寄るのですが、なんといっても歩くのに苦を感じないほど
通りの道路がとてもきれいで日本の道路を歩いているような感覚がありました。

最寄り駅はBTSエカマイ駅、徒歩圏内ではないのですがシャトルバス運行も予定しているようです。

日本人にとっても利便性が高く
幼稚園やこれからできるエカマイモール、またフジスーパー出店もあるようですね。

スクンビット通りへアクセスしなくても
トンローからプラカノンへ行き来できるソイはなかなか珍しいのでは。

所在地はこちら


物件の詳細はこちらより


 


▶他バンコクブログ情報収集はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

▶他カンボジアブログ情報収集はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

タイ不動産のお問い合わせはコチラ

カンボジア不動産のお問い合わせはコチラ

【第2期販売開始】プロンポンの閑静な日本人エリアの高級レジデンス『Ashton Residence 41』

おはようございます。

ディベロッパーより竣工時期と同時に第2期の販売開始もするので
『日本人へ販売をしてね。』と連絡をもらったので、実際に内覧してきました。

大手ディベロッパー"アナンダ社"の高級レジデンス"Ashtonシリーズ"
Ashton Residence 41 第2期販売開始のお知らせです。

IMG_0224

IMG_0228

今回は
スクンビットソイ41のドンつきにある、アシュトンシリーズの中でも珍しい低層型物件です。

IMG_0225
まず敷地に入るとリフト式駐車場が三箇所

IMG_0230
ロビーで車両のリフトおろし設定ができるみたいですね。

IMG_0250

IMG_0233
玄関入り口には日本のような郵便受けも。タイで初めてみました!

こちらの物件間取りは、2ベッドルームからです。
IMG_0249

IMG_0243

IMG_0244

IMG_0245

IMG_0240

IMG_0239

IMG_0238
ショールームなのでギラギラ感が否めないですが、実際はもう少しシンプルです。

IMG_0252

共有施設はジムの他プール、サウナ、ソーシャルルームなど充実しております。

立地はプロンポン駅より徒歩約9分、スクンビットソイ41の奥です。
本プロジェクトの駐車場収容数は100%以上あるので、車所有者が完全に狙いとなりますが。
徒歩10分程度なら歩けない距離でもないのかな。と思います。

また、ソイ41は他ソイと比べても比較的閑静な住宅エリアで
なおかつ本プロジェクトはソイのドンつきにあるので静かな住環境を求める方には良いかと思います。

所在地はこちら


引渡しは来月開始予定、 今回は残り50%枠の後期販売開始となります。

物件資料や価格表だけのお問い合わせもぜひこちらより

PS
沖縄を代表する安室ちゃんの引退発表はとても悲しいです。。。


 


▶他バンコクブログ情報収集はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

▶他カンボジアブログ情報収集はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

タイ不動産のお問い合わせはコチラ

カンボジア不動産のお問い合わせはコチラ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ